痩身に関する昭和62年11月25日厚生省通知 / 薬事法ルール集

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

薬事法ルール集

『痩身に関する昭和62年11月25日厚生省通知』

これは「化粧品を使用することによる発汗効果、顔の筋肉の収縮効果、顔痩せ効果等は、 化粧品の効能の範囲を逸脱するものであるので認められない」と述べ、認められない例として次の5つを挙げています。

  1. スッキリ~お顔のぜい肉スッキリシェイプアップ(クリーム類)
  2. もう気にさせません、お肉のつきすぎたホッペや二重アゴ
  3. お顔に塗って5分間待つだけ、キリリと引き締まった細おもて美人の誕生
  4. お肌のたるみを縦、横、斜めからグイグイ引き締め、シワを隠し、ハリのある若々しい素肌が……
  5. お顔がホッソリ!顔が小さくなりました
TOP OF THIS PAGE

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。