教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康美容器具・医療機器

雑品で「筋肉に刺激を与える(EMS機能)」という広告表現は、医療機器になってもOK?

(あ)医療機器の製造業の免許を持っています。その免許で仕様変更までできるのでしょうか?

(い)腰に巻くベルト。

まずEMS機能を付けて雑品として売り出します。
その際は、「筋肉に刺激を与える」しか訴求しません。
それと同時に、このベルトに関して、家庭用マッサージ機として医療機器登録を申請しようと思っています。
仮にそれで医療機器登録できた場合、従来の雑品としてうたえる効果「筋肉に刺激を与える」は引き続き訴求できるのでしょうか?

掲載日:2019/8/1
企業名:(非公開)

1.(あ)について

仕様変更ということになると、違うカテゴリーの製品を作っているということになります。
したがって、前提条件として、医療機器の製造業の免許を持っていることは必要ですが、それで足りるわけではなく、当該カテゴリーの製造販売の許可を取る必要があります。
それを従来の製品の製造販売許可に紐づけたければ、一変(一部変更)の手続きを取ることになります。

2.(い)について

微妙な問題でリレーション抜きには答ええない範疇です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。