教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康美容器具・医療機器

健康美容器具で「アレル物質の除去」という広告表現はOK?

空気清浄機の広告で「アレル物質の除去」という言い回しをよく見かけます。
これはアレルギーの原因物質(アレルゲン)を除去するということだと思いますが、
なぜこのような、もって回った言い回しをするのですか。
ストレートにアレルゲンと言えばよいと思うのですが。

掲載日:2013/3/21
企業名:(非公開)

「家電品の表示に関連する「薬事法等」についての解説」によれば、
アレルギーやアレルゲンという用語はアレルギー等の疾病予防を暗示させるためNGです。
この規制を回避するために「アレル物質」という造語が使われ、
一般化するようになったのだと思われます。
また、この「アレル物質」という用語には「ダニのフンや死骸」という注釈がよく施されています。
「家電品の表示に関連する「薬事法等」についての解説」には、
「ダニ」の除去を標榜すると医薬部外品の効能に該当するが、
「ダニのフンや死骸」は非医療機器でも使える、というルールがあるからです。
こうしてみると、「アレル物質の除去」は規制のルールを意識して練り上げられた表現という
ことができます。
ただし、「アレル物質」という用語は多くのメーカーが慣習的に使うようになったとはいえ、
全く問題ないと言えるかは微妙です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。