教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康食品

健康食品の「置き換えダイエット」の広告表現はどこまで許される?

新しい健食を考えています。

(あ)置き換えダイエットなら痩せると言えると認識しています。
「低糖質食と置き換えて痩せる」、と言うのもOKですか?

(い)「カロリーが高いものと置き換えて太る」、と言うのもOKですか?

掲載日:2019/3/15
企業名:(非公開)

1.置き換えダイエットのルールの源になっているのが、昭和60年の厚生省通知。
 これがとても重要で、こう述べています(薬事法ルール集4-H
 >>> https://www.yakujihou.com/images/S60_2.pdf
)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
単にカロリーの少ないものを摂取することにより、
摂取する総カロリーが減少して結果的に痩せることは
医薬品的な効能効果とはいえない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2.(あ)について

1のロジックは、低カロリーロジックで、低糖質ロジックとは異なります。
ですから、「低糖質に置き換えれば痩せる」とは言えません。
それは薬事法違反になります。

3.(い)について

「カロリーが低いものに置き換えれば痩せる」と言えるのであれば、「カロリーが高いものに置き換えれば太る」と言えると考えてよいでしょう。
つまり、これは薬事法OK。
ただ、エビデンスがないと景表法違反に問われます。

昨年7月に措置命令を受けたLifeLeaf事件はそういう事件でした(措置命令データブック >>>
  https://ameblo.jp/sochimeirei-data/entry-12393231312.html
)。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。