教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康食品

栄養成分表示の「食塩相当量」について

最近、栄養成分表示の項目に「ナトリウム」ではなく「食塩相当量」という表示をしている食品が目につくようになりました。ルールが変わったのでしょうか?

掲載日:2015/8/29
企業名:(非公開)

2015年の4月から食品表示法が施行され、食品表示のルールが部分的に変更されました。これまで食品表示のルールは、食品衛生法や健康増進法、JAS法など複数の法令によって構成されていましたが、このたび食品表示法において一元化され、そこで部分的な変更がなされたのです。変更点は、「栄養成分表示の義務化」や「原材料と添加物の区分表示」、「アレルギー表示の原則個別表示」などいくつかありますが、「ナトリウム」の「食塩相当量」表示への変更もその一つです。単位は、ナトリウムはmgでしたが、食塩相当量はgに変更されています。また、新しいルールへの移行は5年間の猶予があります。より詳細をお知りになりたい方は、弊社にご連絡ください。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。