教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用)

紫外線散乱剤を使用せず 紫外線カット効果のある化粧品の広告

1.一般的な紫外線散乱剤を使用せずに、植物原料の組み合わせで紫外線カット効果が
 ある美容クリームについての質問です。
 
 紫外線カット効果の証明のためSPF値、PA値を測定しています。 
 酸化チタン等の紫外線散乱剤を配合していませんが、
 SPF値、PA値を測定し、パッケージ・広告に表示すれば、
 
 化粧品の効能効果 
 「日やけを防ぐ」
 「日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ」 
 は訴求できますでしょうか?
 
 
2.この場合、
 「サンケア」「サンケアスクリーン」
 「ライトスクリーン」といった言葉は、
 広告で使用できますでしょうか?

掲載日:2021/10/7
企業名:(非公開)

1.測定で実際にUVカットの効果を確認できれば、問題ありません。
 
2.「サンケア」は問題があります。
 「UVケア」は薬用美白しか使えないというルールがあり、それに抵触します。