教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 効能

化粧品で「肌にやさしい」という広告表現はOK?

ビタミンC入りの化粧水のプロモーションで次のような表現は可能でしょうか?

(あ)ビタミンC入りで肌にやさしい
(い)パラベンフリーで肌にやさしい

掲載日:2018/6/14
企業名:(非公開)

1.「広告の実際」p66に「やさしい」表現のQ&Aがありますが、これは医薬品の話です。
 
2.(あ)
化粧品では、成分について表現しているのであれば、医薬品等適正広告基準3(3)が問題となります。
つまり、

「医薬品等の成分等及び医療機器の原材料等についての表現の範囲医薬品等の成分及びその分量又は本質等並びに医療機器の原材料、形状、構造及び原理について、承認書等への記載の有無にかかわらず、虚偽の表現、不正確な表現等を用い効能効果等又は安全性について事実に反する認識を得させるおそれのある広告をしてはならない。 」

と規定し、虚偽の表現不正確な表現が禁止されていますが、「肌にやさしい」はこれには当たらないと思います。

3.(い)
これはパラベンをネガティブに言っていることになり、他社誹謗になります。
つまり、「他社の製品の誹謗広告の制限医薬品等の品質、効能効果、安全性その他について、他社の製品を誹謗するような広告を行ってはならない。」
    
医薬品等適正広告基準9違反です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。