教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) その他

化粧品で「還元」という広告表現はOK?

化粧品の広告で、「還元力」や「還元作用」という表現をよく目にします。「還元」は「本来の状態にする」ということだと思いますが、これは化粧品の広告表現ルールが禁止する回復表現に当たらないでしょうか?

掲載日:2015/11/29
企業名:(非公開)

おそらくその広告は「抗酸化(酸化還元)」を言いたいところを、化粧品の効能としては言えないので、「還元力」等と言い換えているのだと思います。ご指摘の通り、化粧品は回復表現が禁止されていますが、「化粧品等の適正広告ガイドライン」にもある通りそれは治療的な意味での回復です。化粧品では、「汚れなどを落とす」や「乾燥した状態に水分を入れる」「ハリのない状態からハリを与える」等の作用を認めています。これらはすべて本来あるべき状態にすることだといえます。したがってこの意味で「還元」を使用しているのであれば必ずしもNGとは言えないでしょう。