教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) その他

クレンジングの「ビフォーアフター」の広告表現はどこまで許される?

クレンジングでメイク落としの効果を印象的に見せるためにビフォーアフターを活用しようと考えていますが、考査により使用前後表現に当たりNGと指摘されました。単純にメイクを落とすだけでも使用前後表現ルールの対象になるのでしょうか?

掲載日:2014/9/9
企業名:(非公開)

汚れの除去は化粧品の56効能のうちの1つです。したがって使用前後はNGです。結局のところ、汚れの除去も、肌に水分を与える等の化粧品の効果と変わりありません。
メイクアップは使用前後OKという例外ルールがありますが、メイクアップなどの汚れの除去は使用前後NGです。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。