教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 成分

美容液(一般化粧品)で「ニキビ」という広告表現はOK?

美容液で「ニキビ」を謳いたいのですが、「ニキビ」は医薬部外品でしかあまり見かけません。
一般化粧品では無理なのでしょうか。

掲載日:2013/3/21
企業名:(非公開)

一般化粧品でも謳えますが、洗顔料に限定されています。したがって美容液では言えません。
ただし、洗顔を絡めればニキビを謳うことは可能だと考えられます。
一般化粧品でニキビが言えるのが洗顔料に限定されている理由は、
洗顔で汚れなどを洗い流すという行為が介在しているからです。
ということは、美容液も洗顔料として使用すれば、この条件はクリアーできます。
現行の化粧品制度は、事前に洗顔料や美容液といった用法・効能を登録するシステムではなく、
原則自由化されています。つまり、ファンデーションでも美容液の効果があると言うことは
問題ありませんし、美容液でも洗顔料として使えると言うことは問題ありません。
また、洗顔料を、美容液を含むラインナップに組み込んで、「ライン使いでニキビ予防」を
標榜することも問題ありません。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。