薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 効能

化粧品で「小ジワ」という広告表現はOK?

2011年から試験データを取れば「乾燥による小ジワを目立たなくする」が言えるようになりました。
私どももクリームで試験データを取ったので、広告に反映させたいと考えております。
できるだけ「小ジワ」を目立たせたいので、「小ジワの悩みに!」という見出しを付けたいのですが、
問題ないでしょうか。

掲載日:2013/3/4
企業名:(非公開)

NGです。
化粧品工業連合会による「小ジワ」表記に関する通知があります
(→https://www.yakujihou.com/content/pdf/5-D2.pdf)。
ここに表記のルールが記載されていますが、「小ジワ」の字句のみの強調はNGとあります。
また、「小ジワ*を目立たなくします」として「*乾燥による」を注釈することはNGとなっていますので、
「乾燥による小ジワ」と表現すべきです。
それに、「小ジワの悩みを解消します」もNGとされているので、「小ジワの悩みに」も言えないでしょう。
「悩み解消」がNGの理由は、小ジワを「消す」や「予防する」と誤認させないために、
「目立たなくする」ことが明確に分かる表現でなければならないからだと考えられます。
ただし、「目立たなくする」に関しては、注釈することはNGとはされていません。
したがって、「乾燥」と「小ジワ」を強調して「乾燥による小ジワの悩みに*!」という見出しにし、
「*乾燥小ジワを目立たなくします」という注釈をつければNGとは言えません。