スマホの求応

日本で唯一人、クリニックのリーガルマーケティングを
コンサルしている林田です。

何度も繰り返していますが、医療広告新ガイドラインを
クリアーするキーワードは「求応」です。

「求応」ページであれば―

1.ビフォーアフターOK
2.未承認医薬品・未承認医療機器に基づく
  診療メニューOKです。

そして、「求応」に該当するためには―

1.治療内容
2.費用
3.リスク

の記載が必要です。

まだまだ、このノウハウの実践例が少ない状況ですが、
今日はモデルとして、スマホでの実践例を
ご紹介しましょう。

https://www.yakujihou.com/merumaga/1811206AI.pdf

いかがでしたか?

またメールしますね。