週刊文春で叩かれたクリニクス

日本で唯一人、クリニックのリーガル
マーケティングをコンサルしている林田です。

今日は週刊文春GW特大号に取り上げられた
メドレー社の遠隔診療システム・クリニクスの
記事に関するQ&Aです。

Q.週刊文春でクリニクスに関し次のような
  ことが書かれていましたがどうなのですか?

  (1)初期費用として80万円、毎月1万円、
    クレジット決済額の5%も取られ
    クリニックには大きな負担。
 
    どうやって元を取るのかと聞くと、
    メドレー社の営業は「患者さんから
    保険診療費に上乗せして事務手数料を
    取ればよい」と答える。

  (2)しかし、保険診療において保険診療費
    以外に請求できるのは通話料などの
    実費のみで、それ以外に事務手数料を
    請求するのは混合診療禁止に違反する
    のではないか。

  (3)厚労省に確認したらそういう回答
    だった。

A.1.文春の指摘は正しいです。

  2.保険請求に自費を組み合わせることが
   できるのは「選定療養」の場合のみです。

   そうでないものは混合診療禁止に
   違反します。

  3.本件のようなオンラインシステムの
   事務手数料は「選定療養」として
   認められていないのでこれと保険請求を
   組み合わせることは混合診療禁止に
   違反します。

  ではどうすればよいのか?

  その答えはこちらの動画で説明しています。 

☆オンライン診療で勝ち組になる方法!

 ~保険診療編~

↓   ↓   ↓
 
 http://www.yakujihou.co.jp/ydc-mri/yuryou-movie.html#H

またメールしますね。