ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!

2021年11月25日(木)有料Zoomセミナー

どこまで行けるか?SNSマーケティングの手法と適法性(リスク)

概要

このセミナーで扱うテーマは、SNSマーケティングがどんどん拡大する中、何が適法でどこまでやれるのか、また実際問題としてどういうリスクがあるか、です。
このテーマに関し、フェイスブック、インスタ、ツイッター、ユーチューブとルールの枠組を事例に基づき説明し、最後に、行政・民間団体・警察などからのありえる追及について説明します。
YDCならではの時代をリードするセミナーです。


項目

Part1. 関連するルールと事件
  1. 関連するルール
    1. 薬事法における「引用」のルール
    2. 景表法における2016年6月30日ガイドライン
  2. 関連する事件 ①アフィリエイト
    1. ブレーンハーツ事件 (2018.6.15 措置命令)
    2. ラク美事件 (2020.3.31 措置命令)
    3. リベイロ&シズカNY (2021.3.1 消安法に基づく公表)
    4. ブブカ事件 (2021.3.3 措置命令)
    5. . 茅ヶ崎事件 (2021.3.18 書類送検)
  3. 関連する事件 ②SNS
    1. JARO (非公開事例)
Part2. プレゼント
  1. プレゼントのルールと規制実態
  2. 抽選でどこまでかわせるか
  3. 総付け規制を受けない手法
  4. 定期コース誘導のプレゼント
Part3. 景表法違反のペナルティー
  1. 措置命令を受ける場合と受けない場合
  2. 措置命令の損害
  3. 課徴金を受ける場合と受けない場合
  4. 消費者団体の追及
Part2. フェイスブック
  1. ブランドサイトと商品サイトのつなげ方
  2. タイムラインの使い方
  3. いいねの使い方
Part3. インスタ
  1. Part3. インスタ
    1. インスタグラマーの責任
    2. 連携する企業の責任
  2. インスタを展開する企業の責任(自らのアカウントに関して)
    1. リンクの責任
    2. ハッシュタグの責任
Part4. ツイッター
  1. ツイッターを展開する企業の責任(自らのアカウントに関して)
  2. リツイートと引用
  3. いいねの使い方
Part5. ユーチューブ
  1. ユーチューブチャンネルに関する責任
  2. ユーチューブ広告に関する責任
Part6. 責任追及のされ方
  1. 薬務課
  2. 消費者庁
  3. 適格消費者団体
  4. JARO
  5. 刑事事件

講師紹介

林田 学
講師  林田 学(はやしだ まなぶ)

① リーガル:M&M 法律事務所最高顧問
② マーケティ ング:薬事法ド ット コム社主
③ メディ カル:医療グループ JTA 理事長

東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成 14 年度薬事法改正のための委員会委員。 1995 年から 600 社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト