ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!大好評で満席のセミナー、録画視聴受付中!

2021年7月15日(木)有料Zoomセミナー

〈概要〉

今年3月に厚労省から登録された「プログラム医療機器のガイドライン」では「プログラム医療機器」の規制緩和が行われ、その反射として「プログラム雑品」も規制緩和されました。
「雑品」であれば誰でもいつでも免許も許可もなく扱えるので、誰もがこの規制緩和を活かせるポジションに立っています。
しかし、このルール変更の内容がわかりにくいため、ほとんどのプレーヤー様はこのチャンスに気づかず、旧態依然とした状況にあります。
そこでこのセミナーでは、
(1) ルール変更の内容・今後の展望
(2) このチャンスを活かして登場しているマーケティング手法
(3) 雑品からサプリ・コスメにつなげてLTVを上げる手法
について説明します。

〈項目〉
Part1. 規制緩和されたプログラム医療機器とプログラム雑品
  • なぜ規制緩和されたのか?
  • どう規制緩和されたのか?
  • 今後の動向:官邸はなにを考えているのか?
Part2. プログラム雑品の例
  • 味の素さん
  • ハルメクさん
  • リクルートさん
  • Fitbit
  • その他
Part3. サプリ・コスメの連動
  • エビデンスマーケティングに関する水面下での行政指導の状況
  • どうやって適法にLTVを上げるか?

講師紹介

① リーガル:M&M 法律事務所最高顧問
② マーケティ ング:薬事法ド ット コム社主
③ メディ カル:医療グループ JTA 理事長

林田 学

林田学/ 東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト