YDCで学ぶ「セミナー」 / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

  • TOP
  • YDCで学ぶ「セミナー」

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!大好評のセミナー、WEB視聴受付中!

2020年1月10日(金)

機能性表示届出関与が約150 件という経験そして消費者庁に対する独自の調査網を用いた調査に基づき圧倒的な情報量を有するYDC。
その情報力を基盤とした機能性表示のイーラーニング講座「機能性表示マスター講座」が1 月に開設されます。
それを記念して「機能性表示、最新の水面下情報」のセミナーを行うことになりました。
受理事例だけで見ていたのではわからない情報が満載です。
是非、ご参加下さい。

セミナーの主な内容

<項目>
Ⅰ. 本来的医薬品成分の関与成分化

E294 カロリミットaのDNJ-1 はどうやってクリアーしたのか?

Ⅱ. 関与成分の対立

次の対立は今後どうなるのか?

  • サラシノール vs ネオコタラノール
  • ピペリン vs ピペリン類
  • ブラックジンジャー
Ⅲ. これまでの疑義・撤回事例と今後
  • これまでの疑義・撤回事例
    • ビルベリー
    • 入眠
    • 歩行能力の改善
    • イチョウ葉
    • アフリカンマンゴノキ
  • 今後危ないもの
Ⅳ. 関与成分の設定方法
  • エキス系の場合
    エキスにするか ○○由来△△にするか △△にするか
    - どれが賢いか
  • 特定の事例
    • 1) HMBとHMBカルシウム
    • 2) グルコサミンとグルコサミン塩酸塩

講師紹介

講師  林田 学((株) 薬事法ドットコム社主、(財) ハーバードパーソナージュコンソーシアム(HPC) 理事長)

林田 学

林田学/ 東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト