YDCで学ぶ「セミナー」 / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

  • TOP
  • YDCで学ぶ「セミナー」

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!大好評のセミナー、WEB視聴受付中!

2019年1月17日(木)

薬事法を改正し薬事法違反広告に課徴金を課すことが決まりました。
これまで薬事法違反に関しては「言われたら直せばいい」といったスタンスの事例も多々見られましたが、
今後はそのスタンスだと課徴金のリスクを負うことになります。
このセミナーではそのリスクがどういうものであるのかを具体的に説明します。
また、この件と共に、2019 年の美健ビジネスに大きな影響を与える、
①適正広告基準改正後の現状
  ― ビフォーアフター解禁後の動き、大学・医師など権威コンテンツ規制の動き -
②アフィリエイト規制の現状と今後、についてもレクチャーします。
2019 年の規制を乗り切りたい方には必聴のセミナーです。

セミナーの主な内容

<項目>
Part1.薬事法違反に課徴金
Ⅰ. どういう場合に課徴金が課せられるのか?
Ⅱ. 課徴金の計算方法はどうなるのか?
Ⅲ. 課徴金を課す手続きはどうなるのか?
Ⅳ. 景表法の課徴金との関係はどうなるのか?
Ⅴ. どういう広告が狙われるのか?
Ⅵ. 対策として何をすればよいのか?

Part2.適正広告基準改正
Ⅰ. ビフォーアフター解禁、その後の動きはどうか?
Ⅱ. 大学・医師、権威コンテンツの規制はどうなっているのか?

Part3.アフィリエイト規制
Ⅰ. アフィリエイト規制は現状どうなっているのか?
Ⅱ. 今後どうなるのか?

講師紹介

林田 学(薬事法ドットコム社主、日本遠隔健康管理学会(JTA)理事長)

林田 学

林田学/ 東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト