薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

ペットフードの「広告表現の違反」が増えている?

最近、ペットフードの広告表現違反を指導する事例が出ているそうですが、本当なのですか?

掲載日:2008/11/17
企業名:(非公開)

 1.本当です。
 2.もともと薬事法は「人又は動物」と医薬品を定義しており動物の体の変化を
   うたうものは動物医薬品であり、それを単なるペットフードとして販売する
   ことは薬事法違反です。
 3.ただ、実例としてペットフードの薬事法違反はこれまであまり問題とされて
   いませんでした。
   ところが、ペットフード公正取引協議会の方でペットフードの公正競争規約
   を定め徐々に整備し本年12月20日施行のもので一応の完成ということに
   なりそれに伴ない取締りの強化も求めています。
 4.ペットフードの公正競争規約施行規則では、「総合栄養食」「間食」「その
   他の目的食」に分け、「その他目的食」として「食事療法を目的としたもの」
   が認められています。
 5.結局、ペットフードを健食的に販売することは食事療法を目的とするものしか
   できません。