教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

薬事法一般

FB広告で成分広告

FB広告として行った成分広告から始まる
手法に関するQ&Aです。

「アンチエイジング、若返りたい、
 年寄りに見られたくないという方の
 ためのソリューション、それがこの
 成分。様々なエビデンスもあります。
 詳しい資料はこちらからダウンロー
 ドしてください」といった広告を
 FB広告として出し、ダウンロード
 する人のメアドを取得し、そのメア
 ドに向けてメルマガを送り、そこに
 おいて商品(サプリ)PRをしてしま
 す。商品PRをする際は効能は一切
 言いません。

 この手法はOKですか?

掲載日:2022/5/12
企業名:(非公開)

 1.成分広告において非常に重要な
  基準が「商品広告との距離」です。

 2.都庁のHPでは、成分広告(効能
  あり)と商品広告(効能なし)を
  別TV局でやっても同一日ならNG
  とされています

  これは成分広告も商品広告も不特
  定多数に向けたものですが、それ
  でもNGとされています。同一日と
  いう条件が加われば、「商品広告
  との距離」が近いと判断されて
  いる、と言えます。

 3.対し、本件では、成分広告(FB
  広告)は不特定多数に向けたもの
  ですが、メルマガにおける商品
  広告は成分広告に反応した人に
  ONE TO ONEで送られるものであ
  り、結果、成分広告と商品広告の
  距離は極めて近くなっていると
  言えます。

  それ故、この手法がNGとされない
  ためには絶対に守らなければいけ
  ない条件があります。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。