教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

薬事法一般

LINEの成分広告

当社のLINEアカウント内にAB2つのバナーを作ります。

Aは商品広告、プラセンタサプリについて効能をうたわない
商品販売ページへリンクされます。

Bは「記事」のページへリンク。
そのページではプラセンタの美容効果がデータと共に
示されています。商品は一切出て来ません。

この建て付けは薬事法上OKでしょうか?

掲載日:2022/1/28
企業名:(非公開)

1.
成分広告方式は、そのページないしそのページを含むページが
薬事法上広告か否かで決まります。
「広告」に該当すれば効能をうたっているので薬事法違反です。

2.
「広告」該当性は広告要件の該当性で判断されます。

i) 顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昴進させる)意図が
  明確であること。

ii) 特定医薬品等の商品名が明らかにされていること。

iii) 一般人が認知できる状態であること。

の3つです。

3.
i、iiの該当性判断は「コンテンツの学術性」の高低と
「商品広告との距離」の2軸で考えることができます
 (>2軸図https://www.yakujihou.com/merumaga/2jiku.pdf)。

4.
本件では成分ページの効能はデータも使いながら説明されている
ということなので、
「コンテンツの学術性」はまあまあと考えてよいでしょう。

問題は「商品広告との距離」です。

本件は1つのLINEアカウント内において、
バナーAからは商品広告ページに飛び、
バナーBからは成分研究ページ(記事)に飛ぶ
という建て付けです。

5.
当社が把握している現場の運用状況では、HPのグローバル
メニューにおいて商品広告のページに飛ぶボタンと成分研究の
ページに飛ぶボタンが並置されていても、両者が横でリンク
しているなど両方を特に結びつける手立てが講じられていな
ければ、成分研究ページは広告とみなされない、というものです
(>HP2コンテンツ方式https://www.yakujihou.com/merumaga/HP2content.pdf)。

とすれば、本件も薬事法上不可ということにはならないでしょう。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。