教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

インスタグラマーにプレゼントさせると…

当社の化粧水(1万円)の投稿をインスタグラマーAさんに依頼したところ
Aさんからインスタ訪問者に当社の美容液(1万円)をプレゼントしたいので
100本くらい欲しい、と言われています。

新たにフォロワーになった人にプレゼントするそうです。

(あ)このプレゼントは景表法上問題ないのでしょうか?

(い)新たにフォロワーになった人にプレゼントするのではなく、Aさんのインスタ
  経由で購入した人にプレゼントするという企画だったらどうですか?

(う)このようなプレゼント企画が景表法違反だった場合、当社が責任を負わされる
  こともありうるのでしょうか?

掲載日:2021/12/9
企業名:(非公開)

A.1.(あ)について

(1) 景品と言えるためには取引付随性が必要です。取引付随性は、売買よりももう少し
  広いフィルターで来店なども入ります。

  つまり、「来店した人にプレゼント」という場合のプレゼントは景品であり景表法
  の規制を受けます。

  しかし、「フォローしたらプレゼント」や「いいねくれたらプレゼント」はもっと
  売買(購入)との関係が薄いので取引付随性なしと考えられます。

(2) よって、本件のプレゼントは景品ではなく景品規制はカバーしません。
  したがって、景表法上の問題はありません。
  なお、このようなプレゼントはオープン懸賞と呼ばれ額の制限もありません。

 2.(い)について

(1) この場合は購入したらプレゼントなので取引付随性はあります。
  このプレゼントは買えばもらえるというものなので総付景品。
  総付景品は取引価格(売買価格)の2割がMAX。

(2) 本件は1万円の化粧水購入に対し1万円の美容液プレゼントなので
  MAXを超え違法です。

  なお、ONE TO ONEのルールによりOKとならないかと思われるかもしれませんが、
  ONE TO ONEは基本的にAを買ったらAをあげるという「もう1本」のスタイルで
  あり、本件は化粧水に美容液なので、 ONE TO ONE には該当しません。

3.(う)について

  アクガレージ事件ではインスタサイトの違反の責任を広告主(販売者)が負うことが
  認められました。 
  つまり、玉突き責任が肯定されたわけです。

  このインスタにおける玉突き責任は
  (イ)ベースとしてインスタグラマーの訴求により広告主が儲かるという仕組みがあり、
  (ロ)広告主がサイトの違法を認識していたという事実があれば肯定されます。

  (ロ)は知りながら放置のような消極的関与で足ります。

  本件はAさんのサイトを経由して御社のサイトで購入するという関係なので、
  (イ)は肯定されます。
  また、御社はプレゼント提供しているので(ロ)も肯定されます。

  よって、御社は景表法上の責任を負います。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。