薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

景表法

マーケットリサーチ会社の使用感調査はOK?

新しい化粧品を上市するにあたりマーケットリサーチ会社に依頼して一般消費者を対象とした使用感調査を行いました(N60)。

その結果を踏まえ、次のような表示をLPに入れたいのですが、これはOKですか?

(あ)効果実感率93%
(い)90%以上が10時間保湿を感じたと回答

掲載日:2020/9/30
企業名:(非公開)

1. N60はややN数が少ないですが、ランダム抽出が行われているのであれば景表法はOKでしょう。

2. 問題は厚労省の医薬品等適正広告基準(A)と粧工連の化粧品広告ガイドライン(B)です。
化粧品であればこの2つが適用されます。

まず、(あ)。
今年出た(B)の改訂版はこれをNGとしています。

次に、(い)。
これは(A)でもNGです((B)でも同じ)。
基準3(5)の解説(4)はこう述べています。

「(4)図面、写真等について使用前、後に関わらず図面、写真等による表現については、承認等外の効能効果等を想起させるもの、効果発現までの時間及び効果持続時間の保証となるもの又は安全性の保証表現となるものは認められない。」

この効果持続時間の保証に該当しNGです。

3. マーケットリサーチ会社は統計の取り方を知っていても(A)や(B)は知りません。
広告を行うためにリサーチを行うのであれば私どもにご相談下さい。