教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

景表法で「期限付きキャンペーン」をメディアによって適用を変えるのはOK?

3月1日にDMを送り、「このDMを受け取り後2週間限り50%オフで買えます」というオファーを示そうと考えています。
ただ、WEBではこの50%オフは3月一杯続ける予定です。
これはOKでしょうか?

掲載日:2020/2/26
企業名:(非公開)

1. NGです。

2. 参考になるのが、2018年3月16日に措置命令を受けたショップチャンネル事件です。
措置命令データブック>>>https://ameblo.jp/sochimeirei-data/entry-12360738612.html

この事件ではテレビの価格に関し、「今だけ49%オフ、9万円、明日から19万円」といったオファーを出しているが、明日以降も9万円で買えるお店があった、という事件です。

つまり、「この値段で買えるのはこの店だけ。明日以降はこの値段で買えなくなる」と言っていたが、実際は明日以降もその値段で買える店があったので、これは有利誤認とされたものです。

3. このショップチャンネル事件からすると、DM受け取り後2週間限定の特典と言っているが他の媒体ではその後もその値段で買えるので、これは有利誤認ということになります。

4. それを避けるためにはPR文言を変える必要があります。

「このDMをご覧になって注文なさる方に限り50%オフで買えます、2週間限定!」としておけば、WEBから入って来る人は対象外なのでこのPR文言は虚偽ではなく有利誤認とはなりません。