教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

新企画で「4本購入すると3本プレゼント」という広告表現はOK?

景品表示法で、総付け景品に関する規定の中で、ある商品の購入者に対し、同じ対価で、それと同一の商品を付加して提供する事は、値引きと見られ、景品表示法による規制には該当しないと記載されております。

景品類等の指定の告示の運用基準について(P4ご参照くださいませ)⇒ コチラ

その際、ある商品4本に、3本を期間限定でプラスし、7本セット(箱入り)とし、販売する企画を検討しております。
通常は1本(250円)で販売しているケースが大半で、一部では7本セット(箱入りで1,500円で販売)でも販売しておりますが、4本+3本セットの際には、箱のデザインを変え、JANコードも別途設定し、4本分の価格1000円での販売を検討しております。

危惧しているのは、3本が景品と見なされ総付け景品は200円以内の添付しかできないため、景品表示法違反と見なされないかを懸念してます。
お得感を打ち出すため、4本買うと3本を無償でプレゼントする旨、どういったコピーであれば可能か、さらに別案にて表現可能なコピーも、ご指導をお願い致します。

「4本+今だけ3本増量中」
「4本購入すると、3本無料」
「4本購入すると、3本進呈」
「4本+3本プレゼント」
「4本+今だけ3本おまけ付き」

掲載日:2017/4/25
企業名:(非公開)

1、いずれのコピーもOKです。
2、同じ商品であれば、増量値引きと判断され、景品とはみなされません(別商品だったらNGです)。
「プレゼント」や「無料進呈」等使用してよいです。
3、ただし、原価割れするほど安価にすると、不当廉売になるので避けてください。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。