教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

「異議述べず=同意」は不可

41日の改正個人情報保護法の施行に合せ、当社のプライバシーポリシーを
改正しました。

利用目的を従来より広げた他、新しくできた突合規制も盛り込みました。

(あ)この改正については、HP上で
  「4月1日個人情報保護法の改正に合わせ
   プライバシーポリシーを改定しました」
  と告知すればよいですか?

(い)本日一斉メールを送り改正プライバシー
  ポリシーを示した上で、
  「3月31日までに異議を述べない方はプライバシーポリシーの
  改正に同意を頂いたものとみなします」
  と処理すればよいでしょうか?

掲載日:2022/4/13
企業名:(非公開)

1.(あ)(い)どちらもNGと思います。

2.「黙示の同意」については、個人情報保護委員会のQ&A
 では次のような煮え切らない言い方をしています(Q1-56)。

 “同意は、本人による承諾の意思表示をいいますので、
 「明示の同意」以外に「黙示の同意」が認められるか否か
 については、個別の事案ごとに、具体的に判断することとなります”。

3.しかし、委員会のガイドラインは
「同意を得ている事例」として次のような事例を挙げており(通則編P26)、
 本人のアクションを要求していると言えます。
 
 事例 1)本人からの同意する旨の口頭による意思表示
 事例 2)本人からの同意する旨の書面(電磁的記録を含む。)の受領
 事例 3)本人からの同意する旨のメールの受信
 事例 4)本人による同意する旨の確認欄へのチェック
 事例 5)本人による同意する旨のホームページ上のボタンのクリック
 事例 6)本人による同意する旨の音声入力、タッチパネルへのタッチ、
     ボタンやスイッチ等による入力

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。