薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

雑品で「貼るサプリ」という広告表現はOK?

湿布シートのような形状の商品です。
ビタミンC用溶液がしみこまれています。
これを肌に貼ります。

(あ)この商品について、以下の表現は可能ですか?

貼るサプリ
貼って栄養補給
貼って免疫力アップ

(い)この商品のポジショニングは、雑品・化粧品・部外品・医薬品・医療機器どれになるのでしょうか?

掲載日:2018/6/6
企業名:(非公開)

1.(あ)について

(1)基本的な考え方は、具体的な効果を言わないのなら、雑品で行けます。
効果を言うのなら、その表現する効果に応じて、化粧品・部外品・医薬品・医療機器を検討する必要があります。

(2)「貼るサプリ」
何の具体的効果も言っていないので、雑品として可能です。 

(3)「貼って栄養補給」
具体的な効果を言っているので雑品では無理です。
かといって、化粧品では「栄養補給」表現は不可とされています。
また、部外品・医薬品・医療機器にはこの表現に対応できる受け皿がありません。
「貼って美容成分補給」なら化粧品で行ける表現です。

(4)「貼って免疫力アップ」
化粧品の効果を超えることは明らかでしょう。
また、部外品・医薬品・医療機器にはこの表現に対応できる受け皿がありません。


2.(い)について

(あ)からすると、具体的な効果を言わず雑品で行くか、美容効果をうたって化粧品で行くのが現実的な選択です。
ほかに、やや規制が雑然としている医療機器クラス1にはめ込む手もあります。