教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

石鹸で「シミを目立たなく」と「ビタミン洗顔で洗い流しませんか?」と書き分ける広告表現はOK?

先日、ジーナ社の石鹸広告に措置命令が下されました。
チラシのキャッチは、
(1)「シミを目立たなく」と
(2)「ビタミン洗顔で洗い流しませんか?」
と書き分けていて、
(1)はBBクリームで受ける構造になっています。
(https://www.yakujihou.com/merumaga/Xenasotibessi.pdf)

にもかかわらず、措置命令では、「シミを『ビタミン洗顔』で洗い流しませんか?」と表示していた。
とされています。これは何故なのですか?

掲載日:2017/2/21
企業名:(非公開)

1.薬事法は100%表現規制なので、表現の行われ方は厳密に解釈しています。
それゆえ、(1)と(2)を書き分けていることも考慮されます。
2.しかし景表法は、根拠がポイントなので、表現の解釈はアバウトです。
そこで、「シミを『ビタミン洗顔』で洗い流しませんか?」と読み込んだものと思います。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。