教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康美容器具・医療機器

美顔器で「肌を引き締め、潤いを与える」という広告表現はどこまで許される?

美顔器の広告表現として「肌を引き締め、潤いを与える」は問題ありませんか。
美顔器の種類はカッサとローラータイプのものを考えています。

掲載日:2013/7/26
企業名:(非公開)

美顔器が言える効能は、
①化粧品の効能の範囲内で、
②なおかつ手の代用レベルであればOK、
という行政の見解があります。したがって、「肌を引き締める」も「肌に潤いを与える」も
薬事法上問題ないと言えます。
ただし、単に物理的に刺激・圧力等をくわえるもので「肌に潤いを与える」が言えるかは微妙です。
リスクは低いですが、薬理的な作用をイメージさせるので、薬事法上全く問題ないとは断定できません。
この件で詳細をお知りになりたい方は弊社までご連絡ください。
また、薬事法はOKでも、景表法で合理的根拠を求められる可能性があるので、景表法対策として
事前に合理的根拠を取得しておいた方がよいと思います。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。