教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康美容器具・医療機器

雑品のタオルで「消臭とデオドラント効果」という広告表現はOK?

消臭とデオドラントの効果を謳ったタオルを販売したいと考えています。
薬事法的に問題ないでしょうか。

掲載日:2013/3/21
企業名:(非公開)

「デオドラント」は人体の発汗や体臭を抑制するという意味です。
これは医薬部外品の制汗・体臭防止効果に当たるので雑貨のタオルでは言えません。
「消臭」は人体の臭いとは関係なく、単なる消臭効果という趣旨であれば薬事法上問題ありません。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。