薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

健康食品で「うっかりサポートに魅力的な力」という広告表現はOK?

プラズマローゲンは認知機能への働きが注目されている成分ですが、その由来の一つホヤに関して、「うっかりサポートに魅力的な力」とキャッチをうたい、「EPA/DHA結合プラズマローゲンの含有量比較」のグラフを載せている広告があります。
>>>https://www.yakujihou.com/merumaga/200204.pdf

これはOKですか?

掲載日:2020/2/11
企業名:(非公開)

1. 先週のメルマガで紹介した「だいにち堂」事件に似た事例です。

2. ぼかしてキャッチを作っているので薬事法はかわせているかと思います。

3. しかし、問題は景表法です。
景表法は「具体的便益」が述べられている場合に問題となりますが、そこの判断はアバウトなので、これくらいかわしてたつもりでも「結局、認知機能のことを言っているのですよね。そのエビデンスはあるのですか?」と追及してきます。

そのエビデンスが「EPA/DHA結合プラズマローゲンの含有量比較」だとしたらそれでは合理的根拠とはなりえず景表法違反となります。