教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康食品

健康食品で「食事と一緒に食べてもらうレシピ提案」で効果効能をいうのはOK?

当社では乳酸菌入りのスティックを開発しました。
この乳酸菌は食後血糖値を抑制する効果があるので、食事と共に食べてもらいたいと思っています。
この場合、食後血糖値の抑制をうたっても薬事法に違反しないでしょうか?

掲載日:2019/12/3
企業名:(非公開)

1.どう言うかによります。

2.本件のようなケースで関連するルールは、「調理品は明らか食品」というルールです。明らか食品には薬事法は適用されません。
ですから、調理品の効果として食後血糖値の抑制を言っているという言い方をしているのであれば、薬事法はOKです。

「今日のレシピ。糖質ゼロのハンバーグに、生野菜のスティック、そして、当社の乳酸菌入りスティック。これで食後血糖値も抑制されるため血糖値を気にしている方には御薦めのレシピです」

こんなライティングになります。
 
3.他方、菓子は明らか食品ではありません。
以前は明らか食品だったのですが、平成19年の改正で明らか食品から除外されました(薬事法ルール集4-C>>>https://www.yakujihou.com/content/pdf/3-C1.pdf)。

「今日のレシピ。糖質ゼロのハンバーグに、生野菜のスティック、そして、当社の乳酸菌入りスティック。このスティックの乳酸菌が食後血糖値の上昇を抑えてくれます」。

こんなライティングをしていると、スティック > 菓子 > 非明らか食品 > 効果を述べると薬事法違反、というロジックでNGとなりますのでご注意ください。