教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康食品

健康食品の「インスタグラマー向けの説明会」で効果効能をいうのはOK?

若い女性の不眠が増えているそうなので、そういうターゲットを狙った睡眠サプリを今度販売します。

プロモーションとしてインスタを考えており、インスタでの拡散を狙ってインスタグラマー向けの説明会をこの度行うことになりました。

そこで、教えてください。

(あ)この説明会で、このサプリが如何に睡眠にいいかを説明したら薬事法違反になりますか?
(い)インスタに載せてくれたら謝礼することにしたらどうですか?
(う)(い)でハッシュタグを指定したらどうですか?

掲載日:2019/11/21
企業名:(非公開)

1.(あ)

(1)この説明会が広告と言えるかどうかがポイントです。

薬事法上広告の定義はこうです。

a.顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昴進させる)意図が明確であること。
b.特定医薬品等の商品名が明らかにされていること。
c.一般人が認知できる状態であること。

(2)この説明会は集まるインスタグラマーに買ってもらおうと思って行っているわけではないので、原則、aの顧客誘因性がないと思います。
メーカーが代理店に商品説明するのと同じです。

よって、原則、薬事法違反とは言えません。


2.(い)

(1)インスタに載せる内容を指定すると、インスタグラマーはフィルムをもらって放映するテレビと変わりません。
そうすると説明会の位置づけは顧客誘因性があり広告扱いになります。

(2)しかし、載せてくれたらお礼するが載せる内容はお任せする、というのであれば、説明会通りに載せられる保証はないので、説明会に顧客誘因性はなくなります。

よって、(い)は原則OKです。


3.(う)

ハッシュタグを指定しても載せる内容までが指定されたことにはならないので、(い)と同じと考えられます。