薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

カプセル形態の健康食品で「ダイエット」の広告表現はどこまで許される?

カプセル形態のサプリメントです。

ダイエット訴求について教えてください。

(あ)「ダイエッタ―サポート」「ダイエット時の栄養補給に」と書きつつ、ダイエットのビフォーアフターを載せることは可能でしょうか?

(い)「運動併用」を付けて機能性表示が認められている例があります。
たとえば、C48では

「本品にはHMBとグルコサミン塩酸塩が含まれます。
HMBは、力がかかる足の曲げ伸ばしなどの運動を
併用することで、足の筋肉機能(立つ・歩くなどの
動作に必要な筋力)の維持に役立つことが報告
されています。」

という表示が認められています。

そこで、このサプリに関し、「XXの運動を併用することでダイエット効果が期待できます」といった表示をすることは可能でしょうか?

掲載日:2018/11/27
企業名:(非公開)

1.(あ)について

(1)サプリとダイエットを絡める際に、「ダイエット時の栄養補給」は痩身効果を表現しているわけではないのでOKの表現です。

(2)「ダイエッタ―サポート」もそういう意味と説明できるのでOKです。
 
(3)しかし、それにビフォーアフターを付けると、サプリ自体の痩身効果を訴求していることになるのでNGです。

2.(い)について

(1)「XXの運動を併用することでダイエット効果が期待できます」という表示は、そのサプリに痩身効果があることを表現していることになるのでやはりNGです。