薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

ダイエット系の健康食品で「吸収カット」という広告表現はOK?

食べても太らないイメージで吸収カット系の訴求をサプリで行いたいと考えています。

(あ)機能性表示で可能でしょうか?
(い)一般健食ではどうですか?

掲載日:2018/5/30
企業名:(非公開)

1.(あ)について
     
(1)「脂肪の吸収を抑える」なら言えます。

(2)これまでの受理事例では、難デキを関与成分としてこの訴求を行っているものが多数あります(90件程度)。

(3)また、ターミナリアベリリカ由来没食子酸でもこの訴求が認められています(C44、C218)。

(4)さらに、カロリミット、大人のカロリミット、大人のカロリミットaもそうです。

   ~ カロリミット(A310)
   食事の糖と脂肪の吸収を抑えて、食後の血糖値と
   血中中性脂肪値の上昇を抑える ~

   ~大人のカロリミット(B313)
   脂肪を代謝する力を高める、血糖値の上昇を抑える、
   血中中性脂肪値の上昇を抑える ~

   ~大人のカロリミットa(C137)
   食事の糖や脂肪の吸収を抑えて、食後の血糖値と
   血中中性脂肪値の上昇を抑える。
   日常活動時のエネルギー代謝において、脂肪を
   代謝する力を高める。~

(5)以上にない新しい成分でもRCTにて立証すればこの表現は十分可能です。

(6)但し、機能性表示では「ダイエット」という表現は一切認めません。

(1)~(5)に倣って機能性表示受理されたとしても、広告で「ダイエット」というワードを使っていると、機能性表示受理が取り消されたり、景表法違反を追及されたりする危険がありますのでご注意ください。


2.(い)について
     
(1)置き換えなら一般健食でもダイエット訴求は可能ですが、カット系の訴求とは相容れません。