教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康食品

美容系の健康食品で「肌のハリや潤い」を試験結果で広告表現できる?

美容飲料「レスベラトロールの水」のLPに、レスベラトロールを摂取した「肌のハリ」「肌の潤い」の臨床試験結果が掲載されていますが、これはOKですか?

掲載日:2017/6/30
企業名:(非公開)

1.かって平成25年のクリスマスプレゼント(平成25年12月24日消費者庁通知)のQ&Aにおいて

「健康保持増進効果についてウェブ上でデータなどを示すことは薬事法違反にならない」

というAnswerが提示され、5つのパターンが示されていました。
その後、この通知は2015年年初(平成27年1月13日通知)に「薬事法」を「薬機法」に表示替えするのに合わせて改定され5パターン中4パターンはマスキングされましたが、1パターン、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」、

だけは残っていました。

さらにその後、昨年の6月30日の消費者庁通知で、平成25年通知が廃止されることが明言されましたが、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」
    
はその通知にも残されています。

2.よって、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」

は、薬事法規制と健増法規制がダブらない唯一の領域(薬事法が適用されず健増法だけが適用される。言い換えれば、医薬品的効果ではない健康保持増進効果)でエビデンス(合理的根拠)があれば健増法違反とはならない(薬事法はそもそも適用されない)と解釈できそうです。

3.そうだとすると、「肌のハリ」「肌の潤い」は「皮膚を健やかに保つ効果」であり、薬事法は適用されず、健増法はエビデンスが、合理的根拠と言えれば、セーフと言えそうです。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。