薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

健康食品で「心(ココロ)」と「体(カラダ)」という言葉の使用はOK?

リラックス効果がある健康食品の商品名に「心(ココロ)」と「体(カラダ)」というワードを使いたいのですが、
大丈夫でしょうか。

掲載日:2013/7/26
企業名:(非公開)

健康食品の効能表現で注意すべき点は、特定部位の具体的な機能変化は
標榜できないということです。「肌」をはじめ「脳」や「足腰」「目」等の
機能変化を標榜することはNGということです。
ご質問は「心(ココロ)」と「体(カラダ)」ということですが、
まず「体(カラダ)」は特定部位とは言えず、抽象的なのでNGとは言えません。
「カラダにいい」や「健康的な体を目指して」などは問題ないです。
ただし「心(ココロ)」は微妙です。「心」もしくは「ココロ」は抽象的な
表現とも言えますが、「精神」という身体の具体的な機能を示す表現とも言えるからです。
「ココロ・キラキラ」のように抽象化すれば必ずしもNGとは言えませんが、
「ココロ安らぐ」「心リラックス」のように具体性を持たせた場合は問題があります。
これらの表現は精神という具体的な機能変化を標榜する表現とみなされる可能性があります。
また、医薬品における精神安定剤の効能とバッティングする可能性もあります。