薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

健康食品で「頭脳パン」という名称はOK?

「頭脳パン」という商品がありますが、これは薬事法違反ではないのですか。

掲載日:2013/3/21
企業名:(非公開)

健康食品は、特定部位の変化・特定部位に対する作用を標榜することはできません。
ということは、「頭脳」は問題があると考えるのが自然です。
ただし、この分野には「明らか食品」というカテゴリーがあります。
明らか食品とは、日常的に食品として食されており、誰が見ても医薬品と誤認しない食品のことです。
健康食品とは何かを定義した昭和46年の厚生省通知において明確にされたカテゴリーですが、
この「明らか食品」は例外的に薬事法の対象にはならないことが決められました。
つまり、医薬品的な効果を標榜しても薬事法が適用されないということです。
では明らか食品はどんな食品が入るのかが問題になりますが、それは2001年の厚生省通知で
いくつか例示されています。そこには、野菜や果物、食肉などとともにパンが加えられています。
したがってパンは薬事法の対象外ということになります。
ちなみに、以前はお菓子も明らか食品に加えられていましたが、平成19年にお菓子を除外する旨の
通知が出されました。