薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

ジューサーで「アレルギーやダイエット」に対する効果の広告表現はどこまで許される?

果物や野菜をまるごと粉砕してジュースにするミキサーを売っています。
皮などもまるごと粉砕するので他社のミキサーより栄養価の高いジュースを作ることができます。
実際、これでジュースを飲み始めてからアレルギーが治ったやダイエットできたなどの体験者の話も
聞くのですが、どの程度まで効能を言えるのか教えてください。

掲載日:2013/3/21
企業名:(非公開)

商品(ミキサー)の効果ではなく、ジュースの効果であれば、薬事法はカバーしません。
例えば、「アレルギーが治った」という医薬品的な効能を述べる場合、
あたかもこのミキサーにその効果をもたらした原因があるかのような表現をしていれば、
薬事法違反の対象となりますが、あくまでもジュースを飲んだ結果として表現していれば
薬事法の対象外になります。
ただし、「このミキサーで作ったジュースは栄養満点。アレルギーが治った」という表現は
景表法の対象になりえますので、根拠のない表現をすることはできません。