薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) その他

化粧品の「書籍広告」の広告表現はどこまで許される?

当社の化粧品はアメリカから輸入したNという成分を使用しているのですが、その成分を開発した在米の日本人ドクターが、その成分Nの様々な美肌効果、シミによし、しわによし、たるみによし、といった効果をまとめ、今度日本で書籍として出版することになりました。

当社はそれについて書籍広告をガンガンやりたいと思っています。

広告の中では、本の中身の紹介はしますが、それ以外の部分は、成分Nの効果については全く触れず、「アマゾンで第1位」とか「東大医学部●●教授推薦」とか「ミスインターナショナル●●さんが、とてもためになったとコメントしている」などの内容にしたいと思っています。

この企画はOKでしょうか?

掲載日:2019/7/25
企業名:(非公開)

基本的にOKと思います。

1.ややバイブル商法っぽいですが、それを規制するのは健康増進法ガイドラインで、健康増進法は化粧品は対象外なので、この点は問題ないです。

2.本の中身は広告ではないので、薬事法も景表法もカバーしません。
そこは完全な言論の自由です。
よって、本の中身は問題になりません。

3.書籍広告は広告なので薬事法や景表法がカバーします。
しかし、本の中身の紹介は言論の自由で行けると思います。
それ以外効果に触れないのであれば薬事法はOKです。
景表法は、「アマゾン第1位」などが事実であればクリアーできます。