薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) その他

化粧品で「アトピー肌の人も大丈夫」という広告表現はOK?

化粧品でアトピーが治るとか予防するとか言えないことはわかっていますが、
「アトピー肌の人も大丈夫」はどうでしょうか?

掲載日:2018/5/15
企業名:(非公開)

1.本件は化粧品の用途表現の問題です。

2.これについては、化粧品公正競争規約の施行規則の備考に次のような記述があります。

~用途名称は、エモリエント、モイスチャー、保湿、トリートメント、肌性(普通肌用、一般肌用、乾性肌用、脂性肌用、敏感肌用、日やけ肌用等)、ふきとり用、寝ぐせ直し(用)、男性用(紳士用)、子供用、ベビー用、季節用(春、夏、秋、冬用)、夜用(朝用、昼用、日中用等)、等をいう。

(例)エモリエントクリーム、モイスチャーミルク、保湿ローション、トリートメントリンス、敏感肌用化粧水、ふきとり用化粧水、寝ぐせ直しウォーター、男性用ローション、子供用乳液、ベビーローション、夏用ローション、昼用乳液等~

3.これを見ると、「敏感肌」くらいがネガティブ表現の最大で、「ニキビ肌」といったものすら例に上がっていません。

だとすると、「アトピー肌」は難しいと思います。