教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) その他

化粧品の「成分の特記表示」で、配合目的の表示は必要?

化粧品の広告で成分を強調する場合、成分の特記表示に当たり配合目的を表示する
必要があるという話を聞きました。
「ナノ化されて浸透しやすくなったコラーゲンが肌にうるおいを与え、
若々しい印象に導きます」という表現を広告に取り入れたいのですが、
この場合どのように配合目的を記せばよいのでしょうか?

掲載日:2013/10/23
企業名:(非公開)

化粧品の広告表現では、安全性を保証する表現はできません。
配合目的を記す場合は、コラーゲン(保湿成分)のように併記しても良いし、
*を付けて注釈しても良いです。
本件の場合は、文章の前後関係から、コラーゲンが保湿成分であることが
分かるので配合目的をあえて記す必要なはいと言えます。
また文章中の成分表示は特記表示に当たらないという例外ルールがあるので、
そもそも本件においては配合目的の表示は不要です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。