教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 効能

薬用美白化粧品で「シミ抑制」という広告表現はOK?

薬用美白化粧品でキャッチコピーを「シミ抑制」としたいのですが、問題ありますか。
美白の化粧品は、シミの元であるメラニンの生成を抑制するものなのでOKと思いますが。

掲載日:2013/8/9
企業名:(非公開)

問題があります。
薬用化粧品の「シミ予防」の効能は、単なる「シミに」とするような表記を
NGとするルールがあります。「予防」効果を明確にしていないため、予防以上の効果
(例えば「シミをなくす」)をイメージさせるからです。
ただし、「シミに」と表記した上で、「シミ予防」であることを「明瞭に別記」していればOK、
という例外ルールもあります。
ご質問の「抑制」という用語は、「予防」ともとれるし、今あるシミを抑えるという
意味にも用いるため、「予防」の代替としては不十分です。したがって、「シミ抑制」という
キャッチを表示する場合は、「シミ予防」であることを注釈等で別記する必要があります。
また、「シミ」の用語には「日焼けによる」という縛りが必要なので、それもくわえて
「日焼けによるシミ予防」という注釈にすればよいでしょう。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。