公開版メルマガバックナンバー / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

機能性表示水面下情報  ~28号~(2019/11/26)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━
機能性表示水面下情報
   ~28号~(2019/11/26)

Produced by 林田学*

*大学教授・弁護士を経て現在YDC社主。
日本でただ一人リーガルマーケティング(R)
を実践し数々の成功事例をプロデュース

YDCのSTATUS(11/1現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=147件 >>>
https://www.yakujihou.com/kinou-lp/performance/jutaku/

受理実績=56件 >>>
https://www.yakujihou.com/kinou-lp/performance/juri/

━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
1月10日開催!

☆機能性表示イーラーニング講座開設記念セミナー

 機能性表示、最新の水面下情報!
 
↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20200110_n.html

※早割は12/18まで

☆みなさまの熱いご要望に応えついに登場!

 「機能性表示マスター講座」

↓   ↓   ↓

 機能性表示に関し圧倒的な経験と情報を有する
 薬事法ドットコムが初心者の方でも理解できる
 ようわかりやすく説明します。

↓   ↓   ↓

 Kick offは1月。今なら6万円(税別)が
 半額で申し込めます!

 お問い合わせは、info@yakujihou.org 
(坂元)までご連絡ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

特集、関与成分は摂取時の状態で捉える

1.関与成分は摂取時の状態で捉える、という
 のが現在の消費者庁の考え方です。

 裏返して言うと、摂取後に体内で変化した
 状態で捉えるわけではありません。

 それゆえ、HMBカルシウムが摂取後に体内で
 HMBに変化するとしても、関与成分は
 HMBカルシウムと捉えられるべきだし、
 グルコサミン塩酸塩が摂取後に体内で
 グルコサミンに変化するとしても、関与成分は
 グルコサミン塩酸塩と捉えられるべきだ、
 ということになります。

2.この考え方からすると、加熱して摂取する
 生鮮食品は加熱した状態で関与成分を捉える
 ことになります。

 それゆえ、「もやし」は、C227以降、加熱した
 状態で関与成分量を捉えています。

 ところが、先週受理されたE432=豚肉は、
 まさか生で摂取するものとは思えませんが、
 ここのロジックが曖昧で、疑義が出たら
 どうなるのだろう、という感じがします
 (詳しくは、薬事の虎11月23日号参照)。

3.この考え方がクローズアップされる契機と
 なったのがD88です。

 D88の届出表示は

 「本品には、硝酸塩(硝酸イオンとして※)が
  含まれます。硝酸塩は、水に溶けると
  硝酸イオンとなり、硝酸イオンには、血圧
  (拡張期血圧)を下げる機能があることが
  報告されています。※イオンクロマト
  グラフ法による分析」。

 関与成分を「硝酸塩(硝酸イオンとして※)」
 とすることについて、まず、「硝酸塩は、
 1個の窒素原子と3個の酸素原子からなる
 硝酸イオンを持つ塩であるが、水中・食物・
 体内においては、電離して硝酸イオンとして
 存在する」と、説明。

 しかし、これでは、摂取後の体内での状態を
 捉えていることになります。

 そこで、本品は、粉末飲料の形態をとっており、
 摂取の方法としても、水に溶かして飲む旨を
 表示しているため、摂取直前の状態として
 硝酸イオンが成り立つと考えらえるといった
 説明を補充しています。

■■■————————————–
YDCでは機能性表示のポータルサイトを用意して
いますので是非ご覧下さい。
>>> https://www.yakujihou.com/kinou-lp/

但、重要な情報はYDCの会員(シルバー以上)に
ならないと見れません。

会員に対するお問い合わせは >>>
https://www.yakujihou.com/co/membermerit.html

————————————–■■■

☆機能性表示イーラーニング講座

 「機能性表示マスター講座」1月キックオフ!

1.機能性表示に関し圧倒的な経験と情報を有する
  薬事法ドットコムが初心者の方でも理解できる
  ようわかりやすく説明します。

2.目次は以下の通りです。

第1章 機能性表示の概要
第2章 機能性表示における機能性の範囲
第3章 機能性関与成分と定性・定量
第4章 RCT
第5章 SR
第6章 安全性
第7章 その他
第8章 機能性表示食品と広告

3.イーラーニング講座なので自分のペースで
  学習できます。

4.講座の最後に試験があり、その試験に
  合格すると「機能性表示管理者」の資格が
  付与されます。

5.詳しい資料をご希望の方は、
  info@yakujihou.org (坂元)まで
ご連絡ください。

6.1月10日のセミナーでも説明します。

☆機能性表示イーラーニング講座開設記念セミナー

 機能性表示、最新の水面下情報!
 
↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20200110_n.html

※早割は12/18まで

いかがでしたか?

また、メールしますね。

☆ツイッターを始めました。
ぜひフォローをお願いします。
>>> https://twitter.com/llp_yakujihou

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示の情報が欲しい方は、
薬事法ドットコム 「機能性表示ページ」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★少し機能性表示について勉強された方向け
機能性表示について、もっと知りたい、情報が
欲しい方は、機能性表示ページをご覧下さい。

*機能性表示対応受託実績

*機能性表示データブック

*重要事例集

☆「機能性表示ページ」
 
>>> https://bit.ly/2T4L5UH

★初心者向け
機能性表示について、実はまだ
「あまりよくわかってないかも?」
という不安を感じている方は、] 4コマ漫画を掲載しているLPを
ご覧いただくとわかりやすいかもしれません

>>>https://bit.ly/2O7lRo4

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆メールマガジンの配信先変更・停止はこちら

配信停止を希望の方は
件名に「機能性表示水面下情報 配信停止希望」と
とお書き添えのうえ
下記アドレスにメールをお送りください。

info@yakujihou.com

反映まで数日かかる場合がありますので
ご了承のほどお願いいたします。

◆当メールマガジンの内容に関する
お問い合せはこちらまでお願いいたします。
https://www.yakujihou.com/mail/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[メールマガジン]― 機能性表示水面下情報 ―

[発行元] 薬事法ドットコム
    https://www.yakujihou.com
メール:info@yakujihou.com
TEL:03(6274)8781(平日9:00~18:30)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■