公開版メルマガバックナンバー / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

機能性表示最新情報 132 号 / 鶏か豚か、イミダゾールジペプチド ~1971号~(2019/11/23)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━
薬事法コンプライアンスのノウハウ―薬事の虎―
    ~1971号~(2019/11/23)

<実績No.1>発行部数:21300突破

Produced by 林田学*

*大学教授・弁護士を経て現在YDC社主。
日本でただ一人リーガルマーケティング(R)
を実践し数々の成功事例をプロデュース

YDC会員数338社(11/1現在)
措置命令・課徴金対応111件(11/1現在)
機能性表示届出関与147件(11/1現在)
━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
1月10日開催!

☆機能性表示イーラーニング講座開設記念セミナー

 機能性表示、最新の水面下情報!
 
↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20200110_n.html

※早割は12/18まで

☆みなさまの熱いご要望に応えついに登場!

 「機能性表示マスター講座」

↓   ↓   ↓

 機能性表示に関し圧倒的な経験と情報を有する
 薬事法ドットコムが初心者の方でも理解できる
 ようわかりやすく説明します。

↓   ↓   ↓

 Kick offは1月。今なら6万円(税別)が
 半額で申し込めます!

 お問い合わせは、info@yakujihou.org 
(坂元)までご連絡ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示最新情報 132 号 / 鶏か豚か、
イミダゾールジペプチド
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんにちは。

YDCのミッシーです。

急に寒くなってきて、温かい鍋などが
恋しい季節になってきました。

鶏肉の水炊きも、豚肉のミルフィーユ鍋も
甲乙つけがたいところです。

今回はそんな鶏と豚の関係する事例の
ご紹介です。

E433 枝豚肉氷温熟成氷室豚 14日熟成

「本品には、イミダゾールジペプチドが含まれ
ています。
イミダゾールジペプチド200mg(本品
40g)には、一過性の疲労感を軽減する
機能があることが報告されています。
また、イミダゾールジペプチド1,000mg
(本品200g)には、中高年の方の加齢に
伴い低下する認知機能の一部である記憶力
(言葉を覚え、思い出す能力)を維持する
ことが報告されています。
一時的な疲れを感じている方や、加齢に
よる記憶力低下を感じている方に適した
食品です。」

チャレンジな要素のある届出で、摂取量を
変えて、疲労感と認知機能の2タイプの
ヘルスクレームを採用しています。

また、その際にそれぞれの摂取量を届出表示の
中に入れ込んでいくという表現方法をとって
います。

E433は2つのSRを採用し、疲労感は採用文献5報、
認知機能では採用文献3報です。

ここで不思議な点があります。

本品は当然豚肉由来のイミダゾールジペプチドに
なるはずですが、採用されている文献はいずれも
鶏肉由来のイミダゾールジペプチドです。

同等性の問題はどうなるのでしょうか?

また、本品は生の豚肉ですが、豚肉を生で食べる
ことはありません。

加熱調理をするはずで、摂取の方法でも必ず加熱
調理をすることを記載しています。

そうなると、記載されているイミダゾール
ジペプチド含有量は、加熱調理後の値が必要と
思われますが、それを示すような記載は
見当たりません。

1つ1つ見ていきましょう。

まずは文献の同等性について。

イミダゾールジペプチドは総称的な成分名であり、
その構成はカルノシンとアンセリンです。

鳥の場合、この比率は1:3であり、ヒト、豚、
牛は1:1とされています。

これだけを見ると、同等性に問題があるように
思えます。

しかし、別紙様式5-4において、エビデンスと
共に次のように記載しています。

「採用文献のイミダゾールジペプチドはいずれも
カルノシンおよびアンセリンであり、また、
カルノシンおよびアンセリンはその効果が同等で
あることが示されていることから、本機能性
関与成分をイミダゾールジペプチドとすることに
問題はないと判断した。」

このロジックで、同等性は問題なしとしています。

次に生なのか、加熱後なのかという点ですが、
別紙様式5-16にはこうあります。

「届出する本品は、カット豚肉(生鮮食品)で
あるが、(1)本品は調理され、(2)味・におい
などで食欲を高め、(3)咀嚼し嚥下することで、
より吸収機能を高めると予想される」

この場合、特に記載はしていないが、調理される
ことは想定しており、それも含めて機能性関与
成分量として問題のない摂取量になっている、
ということを暗に示したいのでしょうか?

提示されている資料からでは、その辺りが
判然としません。

ちょっと不思議な受理という感じがします。

ではまたメールしますね。

☆機能性表示イーラーニング講座

 「機能性表示マスター講座」1月キックオフ!

1.機能性表示に関し圧倒的な経験と情報を有する
  薬事法ドットコムが初心者の方でも理解できる
  ようわかりやすく説明します。

2.目次は以下の通りです。

第1章 機能性表示の概要
第2章 機能性表示における機能性の範囲
第3章 機能性関与成分と定性・定量
第4章 RCT
第5章 SR
第6章 安全性
第7章 その他
第8章 機能性表示食品と広告

3.イーラーニング講座なので自分のペースで
  学習できます。

4.講座の最後に試験があり、その試験に
  合格すると「機能性表示管理者」の資格が
  付与されます。

5.詳しい資料をご希望の方は、
  info@yakujihou.org (坂元)まで
ご連絡ください。

6.1月10日のセミナーでも説明します。

☆機能性表示イーラーニング講座開設記念セミナー

 機能性表示、最新の水面下情報!
 
↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20200110_n.html

※早割は12/18まで

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示の情報が欲しい方は、
薬事法ドットコム 「機能性表示ページ」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★少し機能性表示について勉強された方向け
機能性表示について、もっと知りたい、情報が
欲しい方は、機能性表示ページをご覧下さい。

*機能性表示対応受託実績

*機能性表示データブック

*重要事例集

☆「機能性表示ページ」
 
>>> https://bit.ly/2T4L5UH

★初心者向け
機能性表示について、実はまだ
「あまりよくわかってないかも?」
という不安を感じている方は、] 4コマ漫画を掲載しているLPを
ご覧いただくとわかりやすいかもしれません

>>>https://bit.ly/2O7lRo4

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆メールマガジンの配信先変更・停止はこちら

配信停止を希望の方は
件名に「薬事の虎配信停止希望」
とお書き添えのうえ
下記アドレスにメールをお送りください。

info@yakujihou.com

反映まで数日かかる場合がありますので
ご了承のほどお願いいたします。

◆当メールマガジンの内容に関する
お問い合せはこちらまでお願いいたします。

https://www.yakujihou.com/mail/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[メールマガジン] 薬事法コンプライアンスのノウハウ
― 薬事の虎 ―
[発行元] 薬事法ドットコム
    https://www.yakujihou.com
メール:info@yakujihou.com
TEL:03(6274)8781(平日9:00~18:30)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■