会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

医薬品通販の規制

今年6月1日より、医薬品通販は、①3類のみ、②届出必要となる予定です。
薬事法施行規則等の一部を改正する省令は次のようになる予定です。
○ 郵便その他の方法による医薬品の販売等【法第9条、第11条、第38条、新法第29条の2関係】
・ 薬局開設者又は店舗販売業者は、その薬局又は店舗以外の場所にいる者に、郵便その他の方法による医薬品の販売又は授与(以下「郵便等販売」という。)を行う場合、次の1~3に掲げるところにより行わなければならない。
 1 第三類医薬品以外の医薬品を販売し、又は授与しないこと。
 2 当該薬局又は店舗に貯蔵し、又は陳列している医薬品を送付すること。
 3 当該薬局又は店舗が郵便等販売を行うことについて広告をするときは、当該広告に薬局において掲   示しなければならない事項と同じ情報を表示すること。
・ 薬局開設者又は店舗販売業者は、郵便等販売を行おうとする場合、あらかじめ、薬局又は店舗ごとに、その薬局又は店舗の所在地の都道府県知事(その店舗の所在地が保健所設置市又は特別区である場合は、市長又は区長)に、次の1~3の事項を届け出るものとする。
 1 当該薬局又は店舗の名称及び所在地
 2 当該薬局又は店舗の許可番号及び許可年月日
 3 当該薬局又は店舗の郵便等販売の方法
・ 前項の届出は、様式1(17ページ参照)による届書を提出することによって行うものとする。