会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

効能表現に規制が強化される一方の健康食品に対し、堂々と効能が言える商品への注目が高まっています。

効能表現に規制が強化される一方の健康食品に対し、堂々と効能が言える商品への注目が高まっています。
2007年10月レポート
1.特保は仕切価格が高く仕入商品では採算がとれません。
2.医薬品は薬事法改正により新しいマーケットが開けることなりましたが、規制が多く高度の
  マーケティング戦略が必要にされます。
3.部外品はサプリ的なものもあり比較的容易なマーケティング戦略で導入が可能です。
4.化粧品はインフォマーシャルで年商数十億、CPO(顧客獲得単価)5000円という驚異的な
  マーケティングの成功例が出ています。
5.雑品領域は、歯を白くするキットなど高度のマーケティング戦略での成功事例がはじめてい
  ます。
======================================================
1.特保は自ら開発し大きく売り出すには適していますが、仕入れで売ろうと思うと仕切価格が高く、
  採算が取れません。
  また、法規制も多く、戦略的なマーケティングが展開できているのは・・・・です。
2.医薬品は第3分類であれば適法に通販ができますが登録販売者が必要です。
  サプリ的な通販で展開しようとしているのは・・・・・です。
3.部外品は数は限られますが便秘などではサプリ的なものもあり、販売資格も不要なところから
  ニッチマーケットとしては注目されます。
4.これまでにインフォマーシャルと言えば健康食品でしたが、最近化粧品のインフォマーシャルで
  年商数十億とかCPO(顧客獲得単価)5000円とか驚異的な成功事例が出はじめてています。
5.部外品のクリームであれば、『歯を白くする』は言えます。
  そこで、部外品クリームをメインにしたホワイトニングキットを開発する例など
  雑品領域は、多角化によりインパクトの強い商品開発が可能です。 


>>>続きを読む