モーニングアフターピルと遠隔診療

日本で唯一人、クリニックのリーガル
マーケティングをコンサルしている林田です。

昨年3月にリリースされた遠隔診療
ガイドライン。

今回7月に見直すということで、規制緩和が
行われるかと思いきや、全くそれは
ありませんでした。

レイプなどを想定した緊急避妊ですら
遠隔診療は原則NGです。

例外的にOKの場合も薬剤師の面前で
服用しなければならないなど、非現実的な
制限が付いています(薬事法ルール集17A6>>>
https://www.yakujihou.com/content/pdf/17-A6.pdf )。

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■
1.緊急避妊に係る診療については、緊急避妊を
 要するが対面診療が可能な医療機関等に係る
 適切な情報を有さない女性に対し、女性の
 健康に関する相談窓口等(女性健康支援
 センター、婦人相談所、性犯罪・性暴力
 被害者のためのワンストップ支援センターを
 含む。)において、対面診療が可能な医療
 機関のリスト等を用いて受診可能な医療機関
 を紹介することとし、その上で直接の対面
 診療を受診することとする。

2.例外として、地理的要因がある場合、女性の
 健康に関する相談窓口等に所属する又は
 こうした相談窓口等と連携している医師が
 女性の心理的な状態にかんがみて対面診療が
 困難であると判断した場合においては、
 産婦人科医又は厚生労働省が指定する研修
 を受講した医師が、初診からオンライン診療
 を行うことは許容され得る。

3.ただし、初診からオンライン診療を行う医師
 は一錠のみの院外処方を行うこととし、受診
 した女性は薬局において研修を受けた薬剤師
 による調剤を受け、薬剤師の面前で内服する
 こととする。その際、医師と薬剤師はより
 確実な避妊法について適切に説明を行うこと。

 加えて、内服した女性が避妊の成否等を確認
 できるよう、産婦人科医による直接の対面
 診療を約三週間後に受診することを確実に
 担保することにより、初診からオンライン
 診療を行う医師は確実なフォローアップを
 行うこととする。
■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

いかがでしたか?

またメールしますね。