アフィリエイトの活用

一般の物販では依然としてアフィリエイト全盛で、
売上の9割をアフィリエイトに依存している例も
珍しくありません。
クリニックの場合、求応がKEYなのだということは
繰り返しお伝えしていますが、その求応にどうやって
集客するかという問題があります。
この点に関し、ガイドラインはこう述べています
(薬事法ルール集 18-A-2 P11 >>>
https://www.yakujihou.com/content/pdf/kettei.pdf )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なお、(A)インターネット上のバナー広告、あるいは
(B)検索サイト上で、例えば「癌治療」を検索文字
として検索した際に、スポンサーとして表示されるものや
(C)検索サイトの運営会社に対して費用を支払うことに
よって意図的に検索結果として上位に表示される状態に
したものなどは、(1)を満たさないものであること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記の(1)とは「求応」のこと。

(B)はリスティング。

(C)はヤフーなどの検索サイトにお金を払って行うSEO
(昔はこのようなサービスがありましたが今はありません。
いずれにせよSEO対策会社にお金を払うSEOとは違います)。
この中にアフィリエイトはでてきません。
よって、アフィリエイトで「求応」に集客されるのは
アリだと思います。
アフィリエイトにご興味ある方は

info@yakujihou.com(中田)まで
お問い合わせ下さい。

いかがでしたか?
またメールしますね。