勝ち組・負け組、2極化が進む美容クリニック

昨年の6月から新しい医療広告ガイドラインが施行され、
もうすぐ1年が経とうとしています。
この新規制の下、リーガルナレッジの有無によって、
勝ち組と負け組が分れつつあります。
その傾向は、特に美容クリニック=美容外科・
美容整形・美容皮膚科・美容歯科=の分野で顕著です。
なぜなら、これらの美容クリニックにおいては
ビフォーアフターを提示できるかどうかが
決定的に重要だからです。
では、このビフォーアフターの規制はどうなって
いるのでしょうか?
(A)HPでビフォーアフターを見せるのは原則NGですが、
(B)求応ページであればこの規制は限定解除され
OKとなります。
しかし、多くの美容クリニックは(B)のやり方が
わからず、ビフォーアフターを従来どおりのやり方で
HPに入れています。
現状はそれでもやれている例が少なくないのですが、
厚労省のパトロールサイト
( http://iryoukoukoku-patroll.com/ )で、

告発が行われれば指導となるのは必至です。
この告発は半年で約1,000件行われており、
告発のリスクは決して低くはありません。
(B)のやり方がおわかりにならない方は、お気軽に

info@yakujihou.com(中田)まで
お問い合わせ下さい。

いかがでしたか?
またメールしますね。