ドクターブログはOK?

日本で唯一人、クリニックのリーガルマーケティングを
コンサルしている林田です。

今日もQ&Aです。

Q.ドクターのブログでビフォアーアフターを載せて
  いるものがありますが、OKですか?
>>> https://www.yakujihou.com/merumaga/190124iryou.pdf

A.1.ブログと言おうが言うまいが、広告である限り
    医療広告ガイドラインはカバーします。

2.そして、医療法上の広告の定義はこうです。

(1)患者の受診等を誘引する意図があること(誘引性)

(2)医業若しくは歯科医業を提供する者の氏名若しくは
名称又は病院若しくは診療所の名称が特定可能で
あること(特定性)

3.よって、ドクターブログが法律上ガイドラインか
否かは(1)の誘因性の有無で決まります。

クリニックへの誘導があれば誘因性はあります。

ご質問の例だと、クリニックへの誘導文言が
あるので、このブログは広告です。

4.広告ということになると、医療広告ガイドラインが
カバーします。

ガイドラインはビフォアーアフターを禁止して
いるのでビフォアーアフターを載せたブログは
医療法違反です。

ただし、求応ページの形になっていれば、
この規制が限定解除されるので、OKとなります。

ご質問の例は、求応ページの形式を充たして
いないので、やはり違反です。

5.現在、違反広告に対しては、厚労省から委託を
受けた日本消費者協会がパトロールを行っています。

しかし、パトロールはHP・LP中心でブログは
あまりパトロールされていないのでこのような
ブログが生き続けているものと思われます。

いかがでしたか?

またメールしますね。